バリ島-ヤシの木の下での休暇以上! 神の島の本当の顔を発見する - WIAT
メイン / Wiat / 2019

バリ島-ヤシの木の下での休暇以上! 神の島の本当の顔を発見する



{h1}
エディターズチョイス
フラデツ・クラロヴェ地方。  ČERNÁHORA-ジャイアントマウンテンズのPECスキーコンプレックス
フラデツ・クラロヴェ地方。 ČERNÁHORA-ジャイアントマウンテンズのPECスキーコンプレックス
バリ バリ島では、高級ホテルの1つでビーチを離れることなく2週間の休暇を過ごすことができます。 しかし、本物であるものを探す価値はあります。 かつての統治者、寺院、自然の驚異、芸術作品、カラフルな衣装、エキゾチックな休日の宮殿は、バリが本当に異なる空間であることを私たちに確信させます。 バリ島の 休日は異常に始まります-北から。 20世紀の初めには、それは最も発展し文明化された部分でしたが、今では逆説的に神の島の最も本物で野生の地域です。 インド洋にある南とは異なり、北はバリ海にあり、漁師に包囲されています。 地元のビーチを歩くと、 バリ島の 伝統的なボートに出くわすことはできません。これらのボートは、朝の4時に毎日 青く帆走し ます。 バリ島の 漁師であることは、ヨーロッパで泥棒になっているようなものです。 バリ人は海のバランスを信じているため、これは呪われた職業です。 だから、彼らは海に出入りしたくないのです。 彼らは深さを恐れて、主に川で水浴びし、海で起こった場合は、海の神々を怒らせないように海岸で起こります。 漁師はそれについて何もしません。 彼らはいかなる儀式にも招待されておらず、コミュニティはそれらを軽spiしています。 しかし、これは魚や魚介類を食べる人を困らせません。 真正性を求める人のためのバリ島-島の北 北部の中心部は、かつての首都であり、 バリ島で 2番目に大き